蒸気機関車から高速鉄道へ、歴史の礎

英高速鉄道の歴史



   鉄道は世界中で運用され、その国の運搬や輸送を担う重要な役割を持っています。このような鉄道が生まれた国は、何を隠そうイギリスなのです。このイギリスで、何故鉄道が生まれたのでしょうか。イギリスの鉄道が辿ってきた歴史について調べてみました。

 鉄道は大量の物資を運ぶことが出来る交通手段として考え出されました。蒸気機関や、車輪の構造、ブレーキのシステムなども産業革命の技術革新の途中で生まれました。蒸気機関の改良と共にカスタムされた蒸気機関車は、物資だけでなく次第に乗客も乗せて走るようになります。このようにイギリスで鉄道が発展していった理由は、国が安定していたことや、国がその発展について手を加えなかったことが影響していると言われています。

 その後、地下鉄が誕生するなどの技術革新を繰り返しながら、その熾烈な技術競争が社会問題になったことで、技術の進歩が鈍ったとも言われることもあります。高速鉄道としてもイギリスは他国よりも進歩が遅いと言われていましたが、最新型であるイギリス鉄道800系が運行したことによって、その見方も変わってきたという意見もあります。

 世界で活躍する鉄道の歴史は、その国がどのように発展してきたのかという歴史にも似ています。イギリスの高速鉄道についての歴史を知りたい人は、是非この記事を読んでください。あなたの役に立つ情報が載っています。産業革命と鉄道の関係性について、どうぞ最後までお楽しみください。


▼当サイト関連リンク~世界で活躍する日本の鉄道~
 現在では日本の新幹線がイギリスでも走っており、世界で活躍する鉄道の一つになっています。新幹線のチケットをお得に買えるショップがあるので、東京や名古屋などの観光地では、外国人観光客が新幹線を利用することも多いようです ≫ 新幹線 東京名古屋